« 〔生後2ヶ月〕入院② | トップページ | 〔2才9ヶ月〕トイレトレーニング »

〔生後2ヶ月〕入院③

そして今は自宅にて、快獣とくろっちの育児に追われています。

私がくろっちに付き添っている間、
快獣はお義母さんと一緒に過ごしていました。
私でさえ快獣と1日じゅういると疲れるのに、
お義母さんにとってはもっと大変だったと思う。
もちろん、快獣も11日間も頑張ってくれたことに感謝。
そしてベリーは札幌の父に預かってもらいました。
ベリーの身の安全(快獣のいじめ)とストレス軽減のためにね、
毎日2時間ほどパパンと付き添いを交替して
私は快獣をお風呂に入り、寝かしつけていました。
寂しい思いをしている快獣に
せめてママと一緒に寝たという安心感を与えてあげたかったから。
パパンも忙しい仕事を何とか20時頃切り上げたり
朝は快獣の用意などもしてくれたり
お義姉さんにも色々協力してもらったり
みんなの協力で乗り越えた入院でした。みんなに感謝!!

実に24日、くろっちが入院した日。
快獣、朝から下痢をしていました。夜中には8度4分の熱をだし、
翌日パパンが病院へ連れて行き、感染性胃腸炎に、
その日夜には9度4分まで上がったのです。
まさにてんやわんやの我が家だったのです。

「川崎病」は原因不明となっているけど、
22日保育園の支援センターに2人連れて行ったこと、
快獣が感染性胃腸炎になったこと、
何か因果関係がありそうな気がします。

普段、のほほんと育児をしていて子供達の「病気&入院」
なんて考えもしなかった。
実際は、想像以上にすごく心配で、何かと疲れたな。
付き添う親のご飯は出ないし、お風呂もないし、ベッドもない、
おまけに4人部屋だったりすると、子供の泣き声などに気を使うし。

くろっちの病気、定期的な検査がこれからも必要だし、
心配なこともあるけど、軽い川崎病で本当によかった。
元気になってくれて本当によかった。

余談ですが
入院中、くろっちは秘かなアイドル(?)だったらしい。。。
この病院、数年前に産科が休止になってしまって
産科と小児科は同じ病棟なので、
助産師さんも多くいて、
2ヶ月の赤ちゃんは、ある意味新生児なわけで、、、
ベッドの上でのくろっちの「なんちゃってシャワー」も
嬉しい楽しいと言いながらやってくれました。
40代くらいの助産師さんは
「次に抱っこするのが孫っていうのは絶対嫌だよ~」と
助産師さんって本当に赤ちゃんが好きな人がやっているんだな~
素敵だな~って思いました。
早くこの人達のためにも産科が復活して欲しいな。

|

« 〔生後2ヶ月〕入院② | トップページ | 〔2才9ヶ月〕トイレトレーニング »

コメント

看病ホントお疲れ様でした。
子供が病気になって入院することって、想像以上に大変なことなんだね!えっつの心境を考えると、このブログ見て涙が出てきたよ・・・私なら耐えられないことだと思う。すごいよ!よく頑張ったね!しかも快獣くんのことも考えてあげれるなんて!
まして、2ヶ月の小さい体に高熱何日もって!衰弱して死んじゃうんじゃないかって思っちゃうよね、うん、うん。
無事回復してホントよかった~~~~~!!!!!!
なんか、文章では表せないぐらい、本当に本当によかった!!!

投稿: とっち | 2007年12月 8日 (土) 17時17分

えっつさん看病お疲れ様でした!!
くろっち君良くなって本当に良かったですね~
熱と戦い・・・点滴されてるくろっち君の姿・・・
かわいそうで読みながら涙が出ちゃいました・・・
育児してるとゆっくり休めないかもしれないけど・・・
あまり無理せずに心と体を休めてくださいね!!

投稿: かめ | 2007年12月 9日 (日) 08時51分

えっつさん、本当に大変やったね。
久々にブログにお邪魔したら、タイトルに入院って。。。
クロッチ君も小さいながらに本当によくがんばったね。
周りの協力がないと、お世話ってできないよね。
出産の入院でもそう感じたのに
まして、心配事の入院だと
えっつさんやパパンさんも余裕無いだろうし
余計に家族の協力がないと身がもたないだろうしね。

読んでてなんだかウルウルしてしまいました。
えっつさん、言葉では簡単に「お疲れさま」ってしか
書けないんだけど、本当に無事退院できてよかったね。
もうそちらはかなり寒いんでしょ?
これからもっと寒さ厳しくなるだろうし
疲れとかで体調崩さないようにしてね。
本当によかった、よかった。

投稿: りゃん | 2007年12月 9日 (日) 09時43分

とっちさんへ
よくTVでやる「小児病棟~白血病」とか見て「かわいそう」って思ってたけど、その親達は私以上にもっともっと辛くて大変なんだろうな~なんて思ったりしたよ。
健康って本当にありがたいことだわっ。

かめさんへ
点滴はすぐ腫れたりして5回位変わってね~。
退院前日に点滴が外れた時はホッとしたな。
でも帰ってきたら、快獣の反抗期が本格化(?)して
何を言っても「イヤダ!イヤダ!」で。。。
さっそく振り回されています。。。(笑)

りゃんさんへ
本当、育児は周りの協力がないと大変だよね。
こういう経験をして、誰かが困っていたら自分が誰かのお手伝いができたらな、と思ってるよ。
こっちは本当寒くなってきたよ~。
風邪菌が怖いよ~

投稿: えっつより | 2007年12月 9日 (日) 23時14分

入院生活おつかれさま~、大変だったね・・・。
私の弟も2歳の時に川崎病で入院したよ。
でも、退院してすぐに元気になったよ。
中学校入るまでは定期的に心電図をとってたみたいだけど、
全然問題なく今は立派なおじさんです 笑
入院生活だけでも大変なのに、快獣くんのねんねのとき、
家に帰っていたなんて、すごい!!
寝るときだけでも、ママがいてくれると安心出来るよね。
本当にお疲れ様でした。

投稿: MIKI。 | 2007年12月10日 (月) 11時58分

MIKI。さんへ
MIKI。さんの弟も川崎病になったんだ~。
地味に罹患した人いるんだよね~。
元気って聞くと励みになるよ。
自分のシャワーに合わせて一緒にって感じだったんだけど、
部屋の汚さには目をつむって、
やることやって、病院に戻ってたよ。

投稿: えっつより | 2007年12月11日 (火) 20時01分

ビックリしました。お疲れ様でした 本当に大変だったね・・。
たった一晩の発熱でもハラハラするのに、40度なんて、入院や点滴なんて、加えて快獣くんの感染性胃腸炎。さぞかし心配されたことと思います・・。
無事に回復して本当に良かったね。
今もインフルエンザ、ノロウイルス、流行っているからお互い気をつけようね!

投稿: サクラビヨリ | 2007年12月11日 (火) 22時45分

サクラビヨリさんへ
本当何が起こるかわからないわ~。
お陰で発熱恐怖症になった気がする。。。
変な菌もらいたくないから外出したくないけど
しないと、ストレス溜まるし、困った季節だわ~。

投稿: えっつより | 2007年12月12日 (水) 22時27分

うわぁぁ。大変なことになっていたんですね。
ビックリしました。そして、看病、お疲れ様でした。
川崎病は原因不明だもんね~
子供が熱出すたびにドキドキした覚えがあるよ。
無事に回復して本当によかったです!!!
ママも疲れたまっているだろうからご自愛くださいませね。

投稿: かろかろ | 2007年12月14日 (金) 16時51分

かろかろさんへ
川崎病を知っていたかろかろさん、物知りだわっ。
私なんて公害??くらい思ってたし。。。
女医さんに「すぐ帰れると思ったのに大変だったね~、
10人のうち9人は帰れるんだけどね~、
宝くじ買ったら当たるかもよ~」なんて言われたよ。
10%って低い確率だけど、子供の人数からしたら
多いよね~。

投稿: えっつより | 2007年12月14日 (金) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468693/9296127

この記事へのトラックバック一覧です: 〔生後2ヶ月〕入院③:

« 〔生後2ヶ月〕入院② | トップページ | 〔2才9ヶ月〕トイレトレーニング »